交通事故の被害者にとって、物損事故として処理されてしまうことは喜ばしいことではありません。とくにケガをしている場合には、物損事故のままにしておくのは避けたいところです。軽いケガであったとしても、のちに何か問題が出てくる可能性はありますので、人身事故としての取り扱いを受けることが重要です。

医療機関交通事故の被害に遭った直後は、とくにケガが発見されないことは珍しい話ではありません。しかしその後、何日かが過ぎて痛みが出てくるなどの問題が生じてくることがあります。そのような場合には、物損事故ではなく人身事故に変更する手続きをできる限り早く済ませましょう。あまり遅いとケガと交通事故に因果関係がないのではないかと、疑われてしまうようなことにもなりかねないためです

物損事故を人身事故に変更するには、はじめに医療機関へ行く必要があります。そして人身事故に変更するために必要な書類を入手したいことを伝えて、診断書を書いてもらいます。診断書を取得したあとは、その書類を事故現場の管轄となっている警察署まで足を運び、物損事故を人身事故に変更したいことを伝えればOKです。事故問題解決に向けて不安があるという方は、弁護士に相談・依頼するのがおすすめです。

≪参考リンク≫弁護士法人アディーレ法律事務所

事故種別の切替方法