物損事故では特殊なケースを除き、慰謝料の請求が認められません。また、これまでに認められたケースでも、慰謝料の金額は高額ではないです。物損事故で認められる見込みのある損害賠償としては、車両の破損に関係する損害をはじめとする項目をあげることができます。

全損車両の破損絡みの損害としては、車の修理に要したお金をあげることができます。また、全損は物理的なものと経済的なものとに大別されます。物理的なものは車の損傷が著しく直しようがない全損で、経済的なものは修理に要するお金が税込の車の時価に買い替えの諸費用をプラスした金額を超える全損です。全損の賠償額として認められるのは多くの場合、車両の時価額ですが、時価額に買い替え諸費用を加えた金額が認められるケースもあります。そのほか、評価損といって直しても車両の外観や機能が損なわれたままになったり、事故歴が付いて商品価値の低下が見込まれたりする損害の賠償が認められることもあり、修理費用の10~30%ほどの金額になるケースが多いでしょう

車両の破損絡みの損害以外では、代車の利用料のほか、営業車両が被害車両で修理のあいだまたは買い替えまでのあいだ、被害車両に乗れないために営業損害が出た場合に認められることがある休車損害、レッカー費用、被害車両の保管費用、廃車料金、時価査定費用・見積り費用が認められるケースもあります。

物損事故の損害賠償