賠償金被害者が負傷しているにもかかわらず物損事故として処理が進んでしまうと、自賠責保険に対して賠償請求を行なえない可能性があります。人身事故では自賠責保険の賠償金を、傷害では120万円が上限、死亡では3,000万円を上限として受け取ることが可能です。一方、物損事故ではこの賠償金を受け取ることができません。中でも加害者が任意保険の契約をしていなければ、何の賠償金も受け取れずに終わってしまうことになりかねません。

また、物損事故扱いでは、大したケガではないと加害者の保険会社にみなされて、早々に医療費の支払いが打ち切りになってしまう恐れがあります。医療費の打ち切り後の治療は自己負担で受けなければいけません。

そのほか、人身事故では入手が簡単な実況見分調書という、事故状況がくわしく書かれた書類を警察がまとめます。一方、物損事故では入手が難しい、物件事故報告書というかなり簡略化された記録しか買いてくれません。また、人身事故では加害者には刑事罰や行政罰が下されますが、物損事故でこのようなペナルティはないです。そのため、ペナルティを受けたくないということで、物損事故として解決したがる加害者は多いです。被害者としては、とくに軽いケガでも負っていれば人身事故扱いのほうが有利なのです。

負傷して物損事故は損